• ホーム
  • カンジダの原因と症状は?

カンジダの原因と症状は?

遊郭が栄えた日本の江戸時代に流行した梅毒は、衛生管理がしっかりした現代においてそれほど見られる性病ではありませんでした。
しかし、避妊具なしの性交をすると高い確率で感染することから、最近では感染者か急増しているようです。
唾液や飛沫による感染の可能性は低いですが、血液や性交による粘膜感染が多く、全身に症状が現れるのが梅毒の特徴です。
発症後、症状は4段階に分かれ進行していきますが、潜伏期間中に一時的に落ち着くことがあるので、それを治ったと勘違いする人も少なくありません。

まず、第1期は感染から3週間前後で、性器や口、肛門などの感染部位に潰瘍やしこりのようなものができます。
痛みはないのですが、太ももの付け根あたりのリンパ節が腫れることもあるようです。
治療しなくても数週間で落ち着くため、この時は気のせいと放置する人が少なくありません。

感染から3ヶ月後には、顔や手足にブツブツとした扁平や発疹が現れる第2期に移行します。
また、脱毛症も発症して全身の毛が抜けて薄くなっていくのですが、これも数ヶ月から数年で自然に治まります。
第3期に入ると感染して3年以上、結節性梅毒疹やゴム腫と呼ばれる大きなしこりが現れ、末期である第4期には心臓や血管、視神経などに重い障害が出て、命に危険が迫ります。

通常は第2期の段階で自覚することが多く、病院で診察を受けて治療が始まります。
梅毒にはペニシリン系の抗生物質が良く効くので、第3期から4期までの重篤な症状に陥ることはありません。
治療薬も広く利用されているため、料金はそれほどかかりませんし、簡単に完治できるので症状が出たらすぐに診察を受けるようにしましょう。

昔は女性が主に感染することの多かった梅毒ですが、近年は男性の同性愛者を中心に感染が広がっていることが報告されています。
粘膜同士の接触による感染がほとんどで、避妊具を使用しなかったために梅毒に罹ったという状況が多いため、付き合いの短い相手との性交時には注意しましょう。

梅毒の治療方法とは

日本で初めて流行した際には不治の病とされていた梅毒は、戦後にペニシリンという抗生物質の登場により梅毒での死亡率は著しく低下しました。
ペニシリンは世界で初めて発見された抗生物質であり、梅毒の治療に効果的な薬剤です。
ペニシリンの中でもペニシリンG(商品名:バイシリンG)と呼ばれる薬剤を内服投与することが推奨されています。

バイシリンGは、強力な殺菌作用のある抗生物質で、治療開始後数時間で梅毒の原因菌である梅毒トレポネーマを破壊します。
これにより一過性に発熱、全身倦怠感、頭痛、筋肉痛、発疹の増悪を認めることもありますが、これは薬剤の副作用ではなく治療の経過で頻繁にみられます。
完治までにかかる治療期間は6カ月が目安とされています。
ペニシリンアレルギーの場合には、塩酸ミノサイクリンを服用することになっています。

また妊娠中の女性にはペニシリン系薬剤の使用は可能ですが、胎盤移行性がある薬剤であるため内服に際しては医師に相談する必要があります。
またペニシリン系薬剤には後発医薬品もありますので、薬にかかる料金を抑えることも可能です。
また梅毒は短期間で治る病気ではなく、長い内服治療の期間を経て軽快に向かう病気です。
梅毒の進行具合である病期によって薬の投与期間も異なります。

第1期は2週間から4週間、第2期は4週間から8週間、第3期以降は8週間から12週間の抗生物質の内服が必要となります。
初期の段階で治療を開始することで、治療にかかる時間を少なくすませることが理想的とされています。
梅毒の患者数としては男性のほうが多いですが、近年女性の患者数も増加しています。
パートナーの梅毒感染が判明した場合には、自分自身に症状が無くとも早期に病院を受診しましょう。