• ホーム
  • クラミジアの原因と症状は?

クラミジアの原因と症状は?

クラミジアは日本では感染者数が最も多い性病で、原因菌となるのはクラミジアトラコマチスと呼ばれる細菌です。
この細菌に感染するとクラミジアが発症します。
感染するとHIVなどの他の種類の性病への感染のリスクを高める危険性があるので、できるだけ早めに検査をし薬などで治療をすることが大事です。

クラミジアの症状ですが、感染しても症状が現れないことも良くあります。
感染しても気づかないので後で症状が悪化してしまう可能性があり注意が必要です。
少しでも症状が現れたら、すぐに病院で検査を受けましょう。
クラミジアに感染した人の男性は50%、女性は75%の人が無症状ですが、無症状が多いことがさらに感染者を増やしていく原因になります。

感染経路が性器からの場合は、男性と女性では症状が異なり、男性の場合は菌が性器から尿道に感染し尿道炎になりやすいです。
放置しておくと菌が前立腺や副睾丸にも感染し炎症をおこします。
尿道に感染すると尿道の粘膜が炎症して白い膿がでますが、朝起きると乾燥した膿が下着に付着していることもあるので気をつけてください。

尿道の粘膜が炎症を起こすと排尿時に痛みやかゆみがでるのが特徴です。
前立腺が炎症を起こすと残尿感や頻尿になります。
副睾丸に感染した場合は、睾丸が痛みを感じ始めだんだん赤く腫れてきますが、悪化すると大きく腫れ激しい痛みや高熱がでやすいです。

女性の場合はクラミジア菌は、性器から子宮頚管に感染し子宮頚管炎になります。
おりものが増え始めますが、膿が出るのでおりものに水っぽい膿がまじりやすいです。
クラミジアに感染すると性器の粘膜の免疫力が低下し雑菌も増えやすくなります。
性器の内部が不衛生になるので性器の匂いもきつくなりやすいです。

他にもクラミジアによってPIDを発症すると、性交時に痛みがでることもあります。
男性器が膣の奥まで入った時に炎症部位が刺激されて鈍い痛みを感じることが多いです。
一方がクラミジアの症状に気づき検査を受けて薬などで治療をしても、もう一方が検査を受けないでまったく治療をしないと、再度クラミジアに感染する可能性があります。
必ずパートナーと一緒に検査を受けて治療をおこないましょう。

クラミジアの有名な治療薬には何がある

クラミジアは、クラミジア・トラコマテチスへの感染が原因で発症する感染症です。
性行為で感染する感染経路が一般的ですが、発症初期には無症状な感染患者が大半を占めている事から定期的な検査による早期治療が望ましい感染症です。
クラミジアの治療は、一般的には抗生物質による薬物療法が行われています。
治療薬にはマクロライド系のジスロマックやテトラサイクリン系のミノマイシン及びニューキノロン系のクラビットなどがあります。

クラビットは、ニューキノロン系抗生物質のレボフロキサシンを主成分とするDNAジャイレース阻害薬です。
DNA複製時や修復時及び分配時にDNAの切断と再結合を司る酵素DNAジャイレースと酵素トポイソメラーゼ4型の働きを阻害する事で増殖の抑制効果と殺菌効果を発揮する治療薬です。

ジスロマックは、マクロライド系抗生物質のアジスロマイシンを主成分とするタンパク合成阻害薬です。
マクロライド系のタンパク合成阻害薬にはエリスロマイシンやクラリスなどもあります。
ミノマイシンは、テトラサイクリン系抗生物質のミノサイクリンを主成分とするタンパク合成阻害薬です。
テトラサイクリン系のタンパク合成阻害薬にはドキシサイクリンを主成分とするビブラマイシンがあります。

タンパク合成阻害薬は、クラミジア・トラコマチスのタンパク質を生合成する細胞小器官のリボゾームを構成するサブユニットと有効成分が結合する事でタンパク質の生合成を阻害します。
クラミジア・トラコマチスの増殖を抑制する効果を発揮します。
ジスロマックなどのマクロライド系抗生物質は、クラミジア・トラコマチスのリボゾームの50Sサブユニットと結合します。
また、ミノマイシなどのテトラサイクリン系抗生物質は30Sサブユニットと選択的に結合する事から、50Sサブユニットと40Sサブユニットで構成されている人間のリボゾームには影響が無く安全性の高い治療薬とされています。